MENU

浮気の慰謝料の相場は?

浮気の慰謝料の相場は?

 

 

「浮気をされたら、絶対に慰謝料を請求してやる!」などというセリフを聞きますが、浮気の慰謝料ってどのくらいの相場なのかご存知でしょうか?詳しく解説します。

 

 

実は相場に明確な基準はない?

 

 

・浮気の慰謝料とは、浮気をされた場合に夫(妻)や浮気相手に対し、精神的な苦痛を受けたとして請求するお金のことです。

 

・慰謝料は不法行為に対する損害賠償請求として法的に認められていますが、実は金額に関しては明確な基準がなく、ケースバイケースであるとされています。

 

 

浮気の慰謝料の相場

 

・離婚や別居をせず、夫婦関係を継続させた場合 50~100万円
・浮気が原因で別居になった場合 100~200万円
・浮気が原因で離婚になった場合 200〜300万円

 

・上記の相場はあくまでも裁判になった場合の目安です。裁判をせず、相手との話し合いで決まる場合はこの相場どおりになるとは限りません。

 

・ちなみに、浮気の慰謝料は配偶者からだけではなく、浮気相手へも請求することができます。しかし、もし夫(妻)から200万円の慰謝料を受け取った場合、浮気相手へはそれ以上の金額を請求することはできなくなります。ですが、配偶者から裁判所で決定した金額を全額受け取れなかった場合は、浮気相手へ請求することができます。浮気の慰謝料はあくまでも配偶者と浮気相手双方から「総合(トータル)」で受け取れる金額なのです。

 

 

慰謝料の金額は増減する

 

・浮気の慰謝料の金額は、浮気をされたほうと浮気をしたほう、双方の立場によって増減します。

 

○浮気をされたほう

 

・慰謝料を請求する側の社会的地位や収入が高いと低くなり、低いと高くなります。

 

・年齢が高いほど再婚の可能性が低くなるため、金額が高くなる傾向があります。また、夫(妻)と浮気相手の年齢差が高いほど、思慮分別の有無などが考慮されて高くなるとされています。

 

・婚姻期間が長いと高くなります。再婚よりも初婚の人のほうが高い金額を請求できます。

 

・精神的苦痛(自殺未遂やノイローゼになるなど)が強いほど、金額は高くなります。

 

○浮気をしたほう

 

・年齢の高さや婚姻期間の長さ、収入や社会的地位などが高いほど請求される金額は高めになります。

 

・婚外子がいると高くなります。また、夫婦の間に子供がいるときは、人数が多くなるほど高くなるとされています。

 

・生活費を払っていなかったり、夫婦関係の修復を図っていなかったら高くなる傾向にあります。

 

・その他、浮気が発覚する前の結婚生活の状況や、暴力などがあったかどうか、反省しているかどうかなどが詳しく調べられ、その結果として金額が決定します。

 

・少しでも高い慰謝料を請求したいのなら、独りで解決しようとはせずに、離婚問題に強い弁護士に相談することをおススメします。