MENU

浮気相手への慰謝料請求はどの位?

浮気した人間への慰謝料請求は可能だということは周知の事実だと思います。しかし、浮気相手への慰謝料請求となると分からないという方が多いですよね。ですので、ここでは浮気相手への慰謝料請求についてご紹介したいと思います。<慰謝料請求はどのくらい?>まず、浮気相手への慰謝料請求が可能なのかというと、十分に可能と言っても良いでしょう。悪いのは浮気した人間ですが、そこに加担して時点で共犯ということになりますからね。浮気された人間からすると浮気した人間もそれに加担した人間も等しく悪いということになります。では、どのくらいの請求が可能なのかというと、それは個人によってかなり違いが出てくるのではっきりとは言えません。ですが、あくまでも目安として言うのであれば50万から200万の間となります。確かに浮気に加担したことは事実ですが、既婚者だということを知らない可能性がありますし、そもそも夫婦間が壊滅的な状況という可能性もあります。そう言った各々の環境や慰謝料を支払う人間の年収などに左右されるので、やはり慰謝料の相場は分からないというのが正解です。ですので、浮気相手への慰謝料の相場は弁護士などに聞くといいでしょう。<本当に請求できるのか状況整理>慰謝料を請求する上で最も欠かせないことが、本当に請求できるのかどうかということです。浮気された人間が慰謝料請求できるのは当たり前だと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。というのも、浮気をする人間というものは何かしら理由があってするものです。例えば、妻と喧嘩したから浮気したというもの。これは間違いなく慰謝料を請求することができます。しかし、数年前からセックスレスでろくに会話もしない。いわゆる家庭崩壊の状態であれば、誰がどれくらい浮気をしようとも精神的苦痛を理由に慰謝料を請求することはできません。なにせ籍を入れていようともほぼ離婚に近しい状態にあるのですから裁判所が認めることはありません。ですので、慰謝料を請求する場合は本当に慰謝料を請求できる環境なのかを考える必要があります。そうしないと一方的に損をするだけですからね。<確実に慰謝料請求するには?>確実に慰謝料を請求するなら、まずは家庭環境がまともでなければなりません。とはいえ、大体の家庭はまともと言いますか、家庭内離婚にはなっていないでしょう。ですので、その点は問題ないとして話を進めます。浮気の慰謝料を請求するには、やはり証拠というものが必要になってきます。ですので、確実に慰謝料を請求するには浮気の証拠を集めましょう。そのためには、弁護士と探偵を雇う必要があります。探偵は確実な証拠集めを。弁護士は集めた証拠が有効か否かを判断し、有効であれば慰謝料請求を代理で行ってくれます。