MENU

不貞行為とは?

最近では浮気や不倫という言葉が当たり前になってきて、不貞という言葉に聞きなれないという方が増えてきました。そのため、不貞行為と聞いてもはてなマークを浮かべる方が多いでしょう。ですので、ここでは不貞行為とは何なのか、どこからが不貞行為なのかをご説明したいと思います。<不貞行為とは?>不貞行為とは何かというと、浮気や不倫ですよね。そのため、浮気や不倫という言い方でも構わないのですが、不貞行為という言葉を覚えておいて損することはないでしょう。そして、不貞行為を旦那あるいは妻が行った場合は、その証拠を突き詰めることで離婚と慰謝料の請求が可能になります。ですので、もし不貞行為が発覚して離婚を決意した場合は、確実に不貞行為の証拠を集めておきましょう。<不貞行為とはどこから>そもそも、不貞行為とはどこからのことを指すのでしょうか。ここら辺が曖昧すぎて不貞行為される側もする側も混乱することがあります。とはいえ、一般的にと言いますか法律的には肉体関係に至った時点で不貞行為ということになります。それだけではなく、肉体関係まで行っただろうと思わせる何かがあれば、それもまた不貞行為として認識されます。例えば、ラブホテルから妻ではない女性と出てきた場合です。この場合はどれだけ言い訳しようとも、どれだけ不貞行為をやっていなくても認められることはありません。こうなってしまえば不貞行為を行った人間は諦めなければなりませんし、不貞行為された人間は自信を持ってというのはおかしな話ですが、堂々と証拠として提出すると良いでしょう。<旦那が不貞をした場合は>もし、旦那が不貞行為をしたら、された人間はどのように行動していけば良いのでしょうか。このことを他人に聞くとそんな男とは別れた方が良いというでしょう。しかし、現実的に考えると離婚するというのは世間体がありますし、将来的にもあまり良くありませんよね。そう言った合理的なことだけではなく、感情的にもこの人と一緒にいたいと思っているかもしれません。ですので、旦那が不貞行為をした場合の行動は自分の感情のままに動くと良いでしょう。もし、旦那と離婚したくないと思う場合はする必要がありません。ただ、今後は不貞行為をしないように気をつける必要があります。もし、旦那と離婚するという場合は、離婚届を出す必要があるため旦那の協力が必要になってきます。この時にスムーズに事が運べば問題ありませんが、場合によっては抵抗する可能性があるので不貞行為の証拠を集めることをオススメします。