MENU

婚約者の浮気制裁方法

浮気は結婚している夫婦だけではなく、婚約中にどちらかが浮気をしてしまうこともあります。
こうなってしまった場合は対策を考えていかなくてはいけません。結婚は無理だと判断して婚約破棄を行うか、それとも相手を別れさせ、婚約者を許し、予定通り結婚するのかなど判断は人によって変わってきます。

 

そして婚約破棄だけではなく、慰謝料請求などのなんらかの制裁を行いたいという場合はやはり調査はしっかりと行っておく必要があります。
時には裁判にまで発展してしまうこともありますので、そうした場合にはやはり有利となる証拠は確保しておきたいところです。

 

自分で集めることができる証拠としては、浮気相手のメールのやりとり、着信履歴、さらに疑わしいレシートや領収書、クレジットカードの明細などがありますが、そうしたものだけでは証拠としては弱く、裁判でも取り上げてもらえないことも多くなっています。

 

よりしっかりと証拠を集めるのであればやはり探偵に依頼することがおすすめです。調査のプロである探偵なら相手に気づかれずに尾行、追跡を行ってくれますし、浮気相手とホテルに出入りしている写真なども撮影してもらうこともできます。
さらに浮気相手のことも調べたい、なんらかの制裁を与えたいという場合も依頼すれば相手についてもしっかりと調べることができます。
この場合もできるだけ浮気調査で評判の高い、信頼性の高い探偵社を選ぶことが大事です。評判や実績などは依頼前によく確認しておきましょう。

関連ページ

嫁の浮気制裁方法
嫁の浮気制裁方法
旦那の浮気制裁方法
旦那の浮気制裁方法