MENU

嫁の浮気制裁方法

「嫁に浮気をされてしまった」という場合、多くの場合に泣き寝入りをしてしまうことになります。なぜなら、裁判で慰謝料をとるためのハードルはかなり高いので、浮気をされても結局、「そのような相手と結婚してしまった自分が悪い」と諦めてしまうのです。

 

たしかに、個人で裁判をして慰謝料までしっかりととることはかなり難しいです。その不利な状況を逆転させてくれるのが、探偵事務所や興信所です。

 

探偵事務所や興信所に依頼をすれば、裁判で勝てる確実な証拠をつかんでくれます。もちろん、無条件でというわけにはいきません。高い探偵報酬を支払う必要がありますし、依頼者側もミスをしないように気をつけなければなりません。

 

依頼者側がしてしまうミスの例として、探偵に調査を依頼した後、不自然な態度をとってしまって嫁に警戒されてしまうというケースです。本当なら嫁はその日に浮気相手とラブホテルに行く予定だったとしても、警戒をしてしまって浮気をやめてしまえば、事実は永遠にうやむやになってしまうかもしれません。警戒をされればプロでも証拠をつかみ難くなり、その分探偵費用もかさみます。

 

不貞行為の証拠をつかめば、嫁だけでなく浮気相手にも慰謝料を請求することができます。慰謝料の相場は100万円〜500万円程度です。相手の社会的地位、違法行為の程度、結婚していた期間などによって金額は変化します。

 

注意点としては、いくら恨みがあっても、個人的に制裁を下そうとはしないことです。証拠をつかんでいない状態では、一方的な悪者にされて逆に損害賠償を請求されるというケースもあります。

関連ページ

婚約者の浮気制裁方法
婚約者の浮気制裁方法
旦那の浮気制裁方法
旦那の浮気制裁方法